えじえじなるままに

旅行が趣味のアラフォーえじえじの日常

阪急交通社で(東)大台ケ原ツアーへ

東大台ケ原

前から行ってみたかった大台ケ原。でも個人で行くのはちょっと大変だったので、阪急交通社の日帰りバスツアーに参加した。料金は1人9980円なり~。

当日は大阪難波7時集合。早起きしたので眠い。
バスの中では運転手さんが1人、添乗員さんが1人、山岳ガイドさんが2人いらっしゃって、参加者は1人キャンセルが出たらしく、ツアー客は全部で22名だった。

大台ヶ原山(おおだいがはらやま)は奈良県と三重県の県境にある標高1695mの山で、年平均降水量が4000mmを越える日本有数の多雨地帯として知られている。
周囲には豪雨によって削られた絶壁や崖、V字渓谷にかかる滝など雄大な景観が広がっている。
深田久弥によって「日本百名山」に選ばれたほか、日本百景、日本の秘境100選にも選ばれ、山全体が特別天然記念物に指定されている

          f:id:ejieji:20181024162357j:plain
バスの中で地図くれました。有難い。
途中大淀の道の駅に寄ってから大台ケ原へと向かう。

        f:id:ejieji:20181024162510j:plain
大台ケ原の駐車場に着いたらちょっと早めのお弁当。この日は幸か不幸か雲一つない青空だったため、日に焼けたくなかった私はバスの中で食べたけど他の皆さんは外で食べていた。元気だなー。

        f:id:ejieji:20181024162651j:plain
食事が済んだらトイレへ。トイレは2カ所あったのだが、メチャ混んでました。集合時間に間に合わないかと思った。おかげで準備運動に参加できーず。
まぁ、なんとか集合時間に間に合ったのでよしとしましょう。
トイレの入り口には、10年近く前に山で行方不明になった方々の写真と情報が貼られていた。みつかることを願います。

ここは標高1470mとのことで、深呼吸をするよう促されたので皆さん深呼吸していたが、私は先週標高3003mの雄山へ行ったばかりだったので何とかなるだろう、ぐらいに思い深呼吸はしたフリで終わり。
22人のツアー客は11人づつの2グループに分かれて大台ケ原ビジターセンターを11時に出発。
写真は帰りに撮ったものなので空いているが、来た時は満車で道路沿いにもたくさん車が停まっていた。

        f:id:ejieji:20181024162837j:plain
散策コースを時計回りに、同行した山岳ガイドさんの説明を聞きながら散策。
ちょうど紅葉が見頃だった。ガイドさん曰く、今年の紅葉はどこも赤が少ないのだと。
ちなみにこのツアー。グループの最後尾になった人は、他の登山者が後ろから追い抜いて行く際に、「追い越しでーす」と言わなければならないというルールあり。
なので声が小さい人は最後尾にならないよう気をつけましょう。
あと、ガイドさんが言ったことは伝言ゲームのように後ろの人に伝えないといけないというルールも存在した。正直言うと面倒臭い。

        f:id:ejieji:20181024163002j:plain
散策してしばらくすると日出ケ岳近くの展望台に到着。ここからは熊野灘が一望でき、眺めが良かった~。富士山が見えることがある、とのことだったが、富士山らしき山は見えなかった。

        f:id:ejieji:20181024163136j:plain
こちら日出ケ岳。日曜日だし天気も快晴だったので人多し。ガイドさんは人が少なかったらここで弁当を食べる予定だったのだそう。私的にはこんな炎天下の中弁当食べる気にはなれなかったので、バスの中で食べれて良かった~。
この日は雲一つない青空で、ガイドさん曰く、「こんなに天気が良いのは久しぶりです」とのことだった。

        f:id:ejieji:20181024163246j:plain
日出ケ岳から少し道を戻り、さらに進んで行くと正木峠へ。ここは広大な丘陵に倒木、立ち枯れの樹木が広がる峠。
伊勢湾台風の時に木々が倒されてからこのような景色になってしまったのだとのこと。
伊勢湾台風って、もう50年以上前になるのに樹木は元には戻らないのですね。

        f:id:ejieji:20181024164156j:plain
正木ケ原到着~。ここで少し休憩。

          f:id:ejieji:20181024164113j:plain
ここには笹が生い茂っているが、野生の鹿が食べるそうで所々に鹿避けの柵があった。
で、尾鷲辻から駐車場へと戻る道があるのだが、ここでリタイアする人達はガイドさんと共に駐車場へと戻っていった。今回は2名の女性が脱落したが、ガイドさん曰く、いつもと比べると少ないのだそう。

          f:id:ejieji:20181024164412j:plain
神武天皇の像あり。神武天皇と縁がある土地なのですね。

        f:id:ejieji:20181024164500j:plain
こちらはセイロ嵓。

          f:id:ejieji:20181024164538j:plain
ここが一番の写真スポットだという大蛇嵓。
約800mの断崖絶壁の上にある岩。大蛇の上に乗っているかのような気分が味わえるとのことだが、滑り落ちそうで恐かったよぉ。先端まで行けずリタイアした方が何人かいらっしゃった。

大蛇嵓でガイドさんに写真を撮ってもらったら、ちょっと道を戻って、あとは急な道を下って行く。

          f:id:ejieji:20181024164638j:plain
下りきったところにあるシオカラ谷吊橋。ここからはずっと上り。
途中、いつも鹿がいるんだけどなーってガイドさんが言った場所があったのだが、残念ながら私達は鹿に遭遇することはできなかった。

散策は休憩も含めて約5時間かかり、駐車場に着いたのは16時頃。帰路についたのは16時半頃だった。

帰りは柿の葉寿司たなかさんに寄り、お土産を購入。難波に着いたのは19時40分頃だった。

ツアーは、ガイドさんの説明が聞ける、道に迷わない、写真を撮ってもらえる等の長所があるが、歩くペースを他人に合わせなくてはならないため、1人で歩くよりもずっと疲れたし思うように写真が撮れなかったり立ち止まれなかったりゴミ拾いもできなかったりして、ウォーキングのツアー参加は良し悪しだなぁと思ったのでした。