えじえじなるままに

旅行が趣味のアラフォーえじえじの日常

五色塚古墳に行って来た

JRで大阪から明石方面へ行く時に、電車の中から見える古墳がすごーく気になっていた私。今回その気になっていた古墳に行って来ました~!

五色塚古墳

五色塚古墳とは、兵庫県神戸市垂水区にある全長194mの前方後円墳で、兵庫県で一番大きな古墳。周囲を深い濠と浅い溝で二重に囲っている。4世紀の終わり頃に造られたと考えられており、この古墳に葬られた人は明石海峡とその周辺を支配した豪族だと考えられているそう。

こちらにはJR垂水駅から約10分ほど西へ歩くと到着します。

     f:id:ejieji:20180812134148j:plain
五色塚古墳到着~!と思ったが、入り口は残念ながら反対側でした。
電車の中から、古墳の上に埴輪らしきものが並べられているのが見えてすごくすごく気になっていたのですが、こうやって見ると古墳全体にずらりと並べられているのが見えます。

     f:id:ejieji:20180812134250j:plain
五色塚古墳の入り口に着く前に、五色塚古墳のお隣に小壺古墳という直径70m、高さ約8.5mの小さな円墳がありました。
こちらには入れないのでちょっと見ただけでスルー。

五色塚古墳の入り口に着いたら、まずは管理事務所の中に入りましょう。
この管理事務所にて手続きが必要なのです。
そこにあるノートに、本日の日付けと、自分がどこから来たか、何名で来たかを記載。パンフレットが欲しい方はここでもらえます。
入園はなんと無料!神戸市太っ腹!

     f:id:ejieji:20180812134438j:plain
そしていよいよ古墳へ。
入園時間は午前9時から午後5時(入場は午後4時45分)まで。休園日は年末年始。
こちらの古墳は三段に築かれているため、階段をえっちらおっちら上らないといけない。

        f:id:ejieji:20180812134655j:plain
えっちらおっちら階段を上り、前方後円墳の前方へと到着~!
前方よりも後円の方が高い位置にあることを知りました。
それからこの古墳、斜面に石がびっしりと葺かれ、周りには鰭付円筒埴輪が並べられているのです!
埴輪はおよそ2200本も立てられていたと推定されているとのこと。

        f:id:ejieji:20180812134930j:plain
さらに階段を上り、後円側へ。写真は後円から前方を眺めたところ。後円部の高さは18.8m。
この後円部の頂には、竪穴式石室があったと考えられています。
古墳が権力者の墓なのであれば、死後も自分が治めていた土地や海をこうやって眺めて支配しようと思っていたのでしょうか。

        f:id:ejieji:20180812135048j:plain
こちらは古墳の周りをぐるっと取り囲んでいる埴輪。埴輪の後ろには明石海峡が望めます。
この埴輪、ほとんどが鰭付円筒古墳ですが、4~6本に1本の割合で鰭付朝顔形埴輪が立てられています。

本来の古墳ってこんな感じなのね~、と勉強になった五色塚古墳なのでした~。