えじえじなるままに

旅行が趣味のアラフォーえじえじの日常

鞍馬山で出会った山伏さん

暑い日が続きますね~。
さて、本日はこの猛暑の中、貴船神社&鞍馬寺へと行って参りました。

私はいつも平日に行くので観光客もそこそこだったのですが、本日は日曜日、しかも三連休の真ん中ということもあってか混み混みでございました(´・ω・`)
貴船神社&鞍馬寺はこれまでも何度か行っているのですが、今回もいつもと同じコースで行きました。

www.eji-ji.com

 

www.eji-ji.com

叡山電鉄で貴船口まで行き、そこから徒歩で貴船神社へ行き(バスが混んでいたので)、貴船神社では列に並んで参拝した後、混雑した中初めて水みくじをひいたけれども結果は微妙で、そこから奥宮へと行き参拝し、その後結社へ参拝し、貴船の名物の川床は高すぎて支払えないので後ろ髪ひかれながら諦めて鞍馬山へと向かったのでした。

鞍馬山での出会い

いつものように入山料を支払って、鞍馬寺へと続く山道を登る。汗だくになりながら登りの階段を上り、奥の院魔王殿に到着~!
途中、すごく心地の良い風が吹きすさんだ。
ちなみに、登る途中ですれ違う何十人もの人に道を譲ったが、「すみません」とか「ありがとうございます」とか言ってくれた方はたったの5人だった。
別にお礼を言わなきゃいけないって決まってるわけではないし、道を譲るも譲らないも個人の自由なんだけどさ、やっぱり何か一言欲しいよね。

          f:id:ejieji:20180407171858j:plain

そんなこんなで到着した魔王殿ではたくさんの人が休憩していたのですが、魔王殿の中は意外と空いていたので、私と連れは中でしばし休ませて頂く。

するとですね、前の椅子にお坊さんの類かな~って感じの風貌のおじいさんが座っていらっしゃって、ちょっと気にはなっていたんですよね。で、一通り休憩したのでお参りしてから進もうかって時に、前の席に座っていたその方が話し掛けてくださったのです。
主に私の連れの方を見て話しをされていた(と思う)のですが、私の連れ、全く興味がないようで視線を合わせず(苦笑)。返事もそこそこに私を置いてさっさと出て行きやがった(-_-;)。
なので私は失礼のないように、話しそこそこに連れを追いかけようとしていたのですが、そうは問屋が卸さなかったぁ。面白い話しを色々と聞かせて頂くこととなったのです。

このおじいさん、「私は〇〇寺(寺の名前聞き取れなかった)の住職(多分そう言ったと思う)してます。山伏です。」とご丁寧に自己紹介してくださった。
そして、この魔王殿は不思議なことがたくさん起こること、さっきもお経をあげたらお堂の方から不思議な風が吹き抜けて行ったということ(ここに来る途中に吹いた風と一緒かしら?)、他の山伏と5人で夜を明かした時も不思議なことがあったこと、他にも魔王殿の階段のところに白蛇(実際の白蛇ではなく霊体の)がいるのを見たこと等々。この山伏さん曰く、私はここの恐ろしさを知っている、ここは観光気分で気軽に来るような場所じゃない、とおっしゃられた。
そして、「ちょっと手を貸して」と言われたので左手を差し出すと、私の手掌の上の少し離れたあたりで、何やら梵字のような字を書く動作をされた。私の手掌が触れてもいないのにじ~んとする。「何か感じた?」と聞かれたのでじ~んとしたことを伝えたら、そうだろう、という風に頷かれた。
ちなみに、私はこれまで知り合いの霊能者さんやタイで出会った占い師さんなんかにパワー入れと称してこういう不思議な感覚を経験したことがあったので、さほど驚かなかった。
驚きはしなかったが気になったので、何されたんですか?と問うと、「お不動様を入れた」と、とんでもないことをおっしゃった。(;´Д`)
勝手にそんなとんでもないものを人の体に入れて、しかもさらっと言わないで頂きたい。いや、とてもとても有難いことなんですけどね。
「何か縁がある気がして」と言われたので、毎日不動明王のご真言を唱えていることを伝えると、「だからか~」と言われる。
他にも話しの中で大日如来の話しになったので、光明真言も唱えていることを伝えると、唱える時のポーズの取り方を教えてくださった。
そのポーズ、ウルトラマンが飛んでいる時のような恰好、と言えば少しは伝わるだろうか。左手は印のようなものを結んで腰に当て、右手はまた別の印のようなものを結んで天に向かって伸ばす。
で、この時は後で調べればいいや~と思って真剣に覚えなかったのです。そして後で激しく後悔…。

ある程度お話しを聞かせて頂き、もっとお話し聞きたかったけど外で待ってくれているであろう連れをいつまでも待たせるわけにはいかないので、きりのいいところで話しを切り上げて別れた。

連れと合流すると、「中で二人が話ししてたから、他の人達が何か話ししてるわ~って言ってお参りせずに出て行ってたよ。」と言われた。

この時参拝しようとされていた方々、本っ当にすみませんでした!m(__)m

避けたくなるほど他人からは異質に見えたんだろうな(T_T) ご迷惑かけて申し訳なかったわ。

そんなこんなでお不動様を体に入れて頂くという貴重な体験をして、鞍馬寺へと到着し無事に帰路へとついたのですが、山伏さんに教えてもらった光明真言を唱える時のポーズがどんなか調べたが出てこないっ!印の結び方は出てくるが、教えてもらったのはこれじゃないんだよな~。

ということで、知ってる人がいたら教えて欲しいです。

今回お不動様を入れてもらったので、何かあっても生き残るんじゃないかと思う私なのでした。