えじえじなるままに

旅行が趣味のアラフォーえじえじの日常

久しぶりに嵐山へ。ふらっと散策

嵐山といえば言わずと知れた京都の西側にある観光名所。風情があって素敵なところなのだが、観光客が多すぎてここ数年行っていなかった。
今回は久しぶりに行く機会があったので、ふらっと嵐山の雰囲気を楽しんでみた。

 

トロッコ列車

        f:id:ejieji:20180326002005j:plain
まずはトロッコ列車に乗るために駅へと向かう。嵐山へは何度か来たことがあったが、トロッコ列車はまだ乗ったことがなかったので行ってみた。
ちなみに、トロッコ列車は3月1日~12月29日までの運転で、基本水曜日が定休日のようだ。
本当はトロッコ列車で亀岡駅まで行き、そこから亀岡乗船場へと移動して保津川下りをしてみたかったのだが、保津川下りの料金大人1人4100円!
私が行った時期は、桜が咲いてるわけでもなく、紅葉の時期と重なっているわけでもなかったので今回はパスした。
写真はトロッコ列車嵯峨駅前にて。久しぶりに見た二宮金次郎の像。

          f:id:ejieji:20180326002153j:plain
駅前では可愛いお猿ちゃんがスタンバイしておりましたが、残念ながら時間がなく、芸は見れず。

可愛いお猿ちゃんに、心の中でさよならしてから駅へと向かう。
駅窓口で切符を購入。
あらかじめチケットを購入していればよかったのだが、直前に窓口で購入すればいっかーと思っていた私が甘かった。乗りたかった時間の列車が満席でチケット取れず。
なので第二希望の列車のチケットを購入した。嵯峨駅から亀岡駅まで片道620円。
紅葉シーズンじゃなかったのに、この日は日曜だったからなー。トロッコ列車に乗られる方は、予約しておかれたほうが無難です。

     f:id:ejieji:20180326002320j:plain
トロッコ列車~。ずっと乗りたかった嵐山のトロッコ列車に乗車する。

        f:id:ejieji:20180326002406j:plain
こういうオープンな車両もあったのだが、この車両に乗るにはどうすればよいのか、結局最後までよくわからなかった。
普通の車両よりも断然見晴らしが良くて魅力的だよなー。乗ってた人うらやま。

     f:id:ejieji:20180326002516j:plain
トロッコ列車内の進行方向左側の座席からは、眼下に川が見える。
景色良い~と思っていたが、私が座っていた左側の席からは途中から全く川が見えなくなった。
嵯峨駅から亀岡駅まで向かう列車内の、進行方向左側の座席は、途中から川が見えなくなるため右側の座席の方が断然良いですよー。
リサーチ不足だった私。

     f:id:ejieji:20180326002813j:plain
途中の駅にはたぬきの置物があった。

     f:id:ejieji:20180326003026j:plain
ほとんど景色が見れないまま、トロッコ亀岡駅到着。
うーん。期待外れだった。

気を取り直して、ここからJR亀岡駅までは徒歩で約10分。

JRの駅前にあった、本能寺への道、という看板に思わず見入ってしまった。
簡単に説明すると、「唐櫃越と呼ばれる亀岡から西芳寺付近へと続く尾根道を、本能寺の変の際に明智光秀の別動隊が通った」ということらしい。

そんなこんなでちょっとだけ時間を潰し、帰りはJRで嵐山まで戻る。JRだと片道200円。トロッコ列車に比べると安い。

竹林

     f:id:ejieji:20180326003334j:plain

JRで嵐山へと戻り、次に向かったのが竹林。
嵐山といえば外せないこの竹林。
とってもとっても素敵なのだが、有名になった分観光客だらけ(苦笑)
昔はこんなに混雑していなかったのに、残念である。

     f:id:ejieji:20180326003348j:plain
野宮神社に着くが、参拝客が列を作っていたので参拝は諦めた。
変わりにじゅうたん苔なる庭園を見た。立派な庭園だったのだが、存在感が薄かったなー。
こちらの神社、縁結びにご利益があるそうである。参拝できず残念。

天龍寺

竹林から道を戻り、せっかくなので龍の絵で有名な天龍寺へ。

     f:id:ejieji:20180326003552j:plain


天龍寺の法堂の天井に描かれている雲龍図。現在描かれているのは、1997年に加山又造氏によって描かれたもので、縦10.6m、横12.6mもの大作である。
この龍はどこから見えも龍と目が合う、八方睨みの龍ということで有名。
こちらの雲龍図、いつでも見れるのものだと思いきや、公開されている時期は決まっているらしい。私が行った時はたまたま公開されていたので、運良く見ることができた。
と言っても有料(500円)なのだが。

松尾大社

     f:id:ejieji:20180326003620j:plain
有名な渡月橋を渡って阪急の駅方面へと向かう。よく見ると、桂川には鵜が泳いでいた。

この時、まだちょっと時間があったのだが、がっつり観光するほどの時間は残っていなかったので、松尾大社に行くことにした。野宮神社は参拝できなかったからね。
松尾大社まではちょっと距離があるのだが、電車で一駅だったしのんびりと徒歩で行く。

     f:id:ejieji:20180326003732j:plain
道沿いに歩いて行くと、松尾大社到着~。
ここは観光客が少なくて歩きやすい。まあ、夕方だったからってのもあるのかな?

     f:id:ejieji:20180326003825j:plain
手水舎には珍しい亀さんが。

     f:id:ejieji:20180326003915j:plain
松尾大社がお酒の神様が祀られているということで、お酒の資料館がある。
入場無料なのだが、残念ながらすでに閉館していた。

        f:id:ejieji:20180326004019j:plain
大きな樽の形をした椅子。

     f:id:ejieji:20180326004104j:plain
境内には樽うらないなるものもある。当たるのかしら?

        f:id:ejieji:20180326004159j:plain
お酒の神様にあやかってか、原料となるご飯を連想させるしゃもじの形をした絵馬があった。珍しい。
本殿に参拝し、帰路につく。

嵐山はやっぱりいいな~、と思う反面、どの観光名所も外国人観光客増えたなー、と感じた昔と比べてすごく疲れた一日なのでした。