えじえじなるままに

旅行が趣味のアラフォーえじえじの日常

ホームビタリオン買っちゃった

美顔器の機能として有名なのがイオン導入。余計な機能が付いていなくて自宅で気軽にできるものを探していて、目に入ったのがスーパービタリオン。
しかし、これ20万円ぐらいするっ!
今の私にはとてもじゃないが手に入らない。

ただ、スーパービタリオンの家庭版であるホームビタリオンであればなんとか手に入れられそう。まぁ、5万円ぐらいはするんだけど…。
買うかどうか悩み、ずるずると先伸ばしにしていたのだが、自分のお肌のあまりの汚さに絶望し、思い切って購入することにした。

イオン導入とエレクトロポレーション

簡単に言うとイオン導入とは、機械を使って微弱な電流を流して肌のバリア機能を一時的に弱めることで、肌に塗布しただけでは浸透しにくい成分を肌の奥まで届けること。
ただし、導入できる成分はビタミンC誘導体・アミノ酸・プラセンタ・トラネキサム酸などの、水溶性で分子の小さい成分に限られる。


イオン導入に対してエレクトロポレーションとは、機械を使って肌に特殊な電気パルスを与えることで、通常では皮下浸透しない親水成分や高分子成分をイオン化することなく高分子のまま真皮層まで導入することができる美容法。
イオン導入と比べると、その浸透率は20倍とも言われている。
そして、導入できる成分はイオン導入とは違い、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの分子が大きい成分も導入することができる!

 

 

両者を比較すると、断然エレクトロポレーションの方がすごいのだが、私がエレクトロポレーションを実際にクリニックで受けてみた感想としては、扱っている器械によって効果はまちまち。
イオン導入の方が潤いを実感できる場合もあった。
私が受けたエレクトロポレーションの中では、イタリアのマイクロラボ社製の機器でないと効果を実感することはできなった。
これは本当にすごくて、口腔内がじわ~っと鉄の味に変わった。全ての人がそうなるわけではないそうだが、この機器すごいっ!って思えた。

で、家庭用のエレクトロポレーション機能付き美顔器も使用したことはあるが、かなり微妙。
これならイオン導入のほうが安いし良さそうだったのである。

ホームビタリオン購入

購入はインディバ社のホームページから。FAXかメールでの購入申し込みとなる。
うちにはFAXがないため、メールで申し込みを行った。
購入メールを送ったのは週末だったため連絡来ず。月曜日に着信があったのだが、仕事のため出れず。すると注文確認のメールが来ていた。
到着は火曜日。早っ!

      f:id:ejieji:20171015131544j:plain
箱を開けるとこんな感じ。段ボールの中にホームビタリオンの箱があった。

        f:id:ejieji:20171015131653j:plain
その箱を開けると本体が。

      f:id:ejieji:20171015131732j:plain
本体とコードをつなげるとこんな感じ。ライターと比較するとわかるが、本体小さっ!

ホームビタリオン使用

さっそく使ってみた。
水で濡らしたガーゼ(私は面倒臭いのでティッシュで代用)をニュートラル電極に巻き巻きし、握る。
ピンセットスティックにコットンを巻いて、別口で購入したイオン導入用の化粧水を染み込ませて、イオン導入レベル15を15分間施行してみた。

インディバ社の専用イオン導入液もあるのだが、高いので購入は断念。

      f:id:ejieji:20180130111010j:plain
使用中の画面はこんな感じ。
ちゃんと作動していれば、画面一番下のところが左右に動くので分かりやすい。

私は化粧水を染み込ませ過ぎたのか、液だれしてきちゃったので、壊れてはいけないと思い慌ててティッシュでカバーした。
ピリピリするような刺激は全くなかったが、鼻腔と口唇に当てるとちょっとピリピリするので、おぉ!ちゃんと機能してるぅ~と実感できる。
使った感想は…、微妙。
さすがにクリニックのイオン導入のようなグングン入ってく~!っていう実感は湧かない。でも継続は力なりという言葉を信じて使用を続ければ、もしかすると効果があるかもしれない。

ホームビタリオン効果

1カ月くらい使用してみて、毛穴やたるみやシワに対しては何ら変わりなかったが、ハリが出てきた気がする。
コスメカウンターで肌の状態を診てもらった時も、「ハリありますね~」と初めて言われたので、気のせいではないはず。

ちょっと他の美顔器を使用するために、数週間使用を止めていたのだが、肌乾燥してすっかりハリもなくなってしまった。
また真面目にホームビタリオン使用し始めたら、少しずつハリも戻ってきたので、長く使い続けることで効果は出てくるのかもしれない。
あと、導入液の種類によっても効果の出る出ないがあるかもしれないので、まだまだ探求の余地がありそうだ。