えじえじなるままに

旅行が趣味のアラフォーえじえじの日常

看護師派遣、スーパーナースに登録するまで

職業看護師。私事ですが、先日とある病院を退職しました。

理由はちょっとのんびりしたかったから。年齢的にも夜勤がきつくてもうやりたくなかったし、そろそろ規則正しい生活に戻ろうかと思った。夜勤やってる看護師は、乳癌罹患率も高いっていうしね。
それに、看護師の正社員って大変ですよね?
日々の多忙な業務に加え、委員会、会議、看護研究、勉強会の資料作りと発表と参加、プリセプター、後輩への指導、レクリエーションの調整、病棟飲み会の幹事etc…。
もちろん残業もある。急変もある。連休も有給もとりにくい。
なにも、看護師っていう職種だけが忙しいわけではないのだけれど、私はもうこれらの業務から解放されたかった。
なので思い切って退職した。って言っても、私の場合退職したのはこれで何度目になるのだろう…、ってくらいこれまで転職していますけどね。履歴書そろそろ1枚じゃ収まらなくなってきた。面接の度にヒヤヒヤドキドキしております。

退職したのは良いのだが、無収入になるのは困るので、以前から目をつけていた派遣で働くことにした。
しかし、看護師の派遣会社ってたくさんある。どれにしようか迷う。
会社によって、強い地域や働き方があるみたいなのだが、どこが自分に合っているかなんて実際働いてみないと分からない。

あれこれと検索したり知人から情報収集した結果、私はスーパーナースへエントリーすることにした。サイトも見やすかったしね。
ちなみに、首都圏応援ナースや離島応援ナースはスーパーナースでは取り扱っていないようなので、希望される方はナースパワーを利用したほうがよい。

(※追記・取り扱ってました。すみません。でも応援ナースはナースパワーのほうが求人数多いらしい。)

スーパーナースへ申し込み          

         f:id:ejieji:20170912222041p:plain

人によっては複数の派遣会社に登録している、なんて器用な方もいるらしい。
私は不器用なので一社に絞った。

8月のある朝。早起きした私はスマホからスーパーナースのサイトを開く。
そしてまずは無料登録。名前を漢字とカタカナで入力し、住所を記載、電話番号とメールアドレスを入力し、正看護師か准看護師かにチェックを入れ、希望の働き方(正職員かパートかなど)にチェック。その他希望があれば最後の欄に記載し、あとは送信を押すだけ。

すると、すぐに記載したメールアドレスに「エントリー完了のご連絡」が来る。
あとはスーパーナースからの連絡を待つだけ。基本的に24時間以内には連絡が来ると記載してある。

私の場合はその日の10時頃に電話がかかってきた。電話は自分が住んでいる地区から一番近い支店から。私の場合は大阪だったので、大阪の番号からだった。
こういう派遣会社は、雇用主と雇用者の契約が成立することで利益が発生するため、派遣会社も必死らしい、と周りの看護職者は言っていたのだが、関係あるのかないのか、電話での印象はとても良かった。
電話では、どういう働き方を希望しているのか聞かれ、一度説明会に参加して欲しいためいつが都合が良いのか聞かれた。どうやら現時点では仮登録で、一度面談してから本登録となるらしい。
平日ならいつでも開催しているとのことだったが、時間は決まっているらしく、10時からと13時30分から、16時から、18時からの1日4回あるそうだ。予定時間は90分。
この時、有給消化中で暇を持て余していた私は、「今日でもいいですか?」と聞くと、「今日でもいいですよ」という答えが返ってきた。が、準備時間などを考慮して、「明日の16時からでお願いします」と面談の予約をした。
電話で、「他に希望者が重なったら複数面談となりますのでご了承ください」的なことを言われたが、複数面談になっても私は別に構わない。むしろ情報交換ができるだろうからありがたいかも。
この面談、スーツで行かないといけないかと思い聞いてみたが、私服で良いとのことだった。持ち物が6つほど必要と言われ、

①看護師免許
②履歴書用証明写真
③印鑑
④身分証明書
⑤銀行口座番号等がわかるもの
⑥登録シートにスムーズに記入するための経歴書や履歴書等

を持参してください、と言われる。
電話は約10分~15分程度。電話を切ってからしばらくすると、「登録面談確定のご連絡」というメールが送られてきた。
あとは明日、指定された時間にスーパーナース大阪支店へ出向くだけである。

登録面談

16時からの約束だったため、その10分前にスーパーナースの入り口に到着。
住所や地図のURLは、昨日送られてきたメールに記載してあったので、迷わずに行けた。
入り口にはソファーがあり、その近くに黒い何かが。その横には、「ご用のある方は受話器を取ってお話しください」みたいな感じの文面が書かれていた。黒い何かはよく見ると受話器だった。
受話器を取って要件を伝えると、相手から「お待ちください」的なことを言われたのでソファーにかけて待つ。
すぐに担当者の女性が現れて奥へと通された。

奥には資料が置かれた机と椅子があり。指定された席に座る。
隣の席にも資料が置かれており、どうやらもう一人来るであろうことを察した。
まず、「身分証明書をご提示ください」と言われたので、持ってきていた運転免許証を見せる。本人確認が済んだら、運転免許証は返却してくれた。
次に、看護師免許を出すよう言われたので渡す。コピーを取ってくるので、その間エントリーシートと半切れの用紙に記載するよう言われる。
しばらくすると、コピーが終わった担当者さんが来て、看護師免許を返却してくれた。
「もう一人来る予定なので、書きながらお待ちください。来られたら始めますが、来られなかった場合は書き終わってからご説明致します。終わったらこのボタンを押してください。」と言われ、担当者さんは席を外す。

エントリーシートには、自分の名前や生年月日、住所、電話番号、学歴、職歴を記載する欄があった。見本もあった。年代については、年号ではなく西暦での記載だったため、用意されていた年号早見表のようなものを参考にしながら記載した。
職歴の欄にはこれまで働いた病院の病床数を書く欄があったので、以前必死で作成した職務経歴表を持参していて良かったと思った。
しばらくすると別の担当者さんが来て、希望する働き方や時間や距離などを聞かれる。どうやら、書いている間にある程度希望に沿うようなところを探してくれるらしい。
用紙への記載と印鑑の押印が終わった私はボタンを押す。しばらくすると担当者さんが現れ、記載した用紙と、持参するよう言われていた証明写真を渡す。
もう一人来る予定だった方は、結局来なかった。なので私一人で引き続き説明を聞く。
次にDVD鑑賞。
ログインの方法、仕事の予約の仕方や注意点、研修、給与、看護職賠償責任保険、源泉徴収について等々の説明がされる。
鑑賞が終わって記載するものに記載し終えたら、ボタンを押す。
給与振り込みのための口座番号等も記載し、その後は担当者さんが説明してくれる。
そして、自分のIDと仮のパスワードを渡された。登録していたメールアドレスにテスト
メールが送られてくるので、早速ログインしてパスワードを変更する。
それから後は、希望に沿った職場を本来であれば紹介してくれる予定だったようだが、担当者さんが電話対応中のため、明日電話で相談に乗ってもらうことになり、求人票を4部ほど頂き家路へと着いたのである。

はっきり言って頭の中はわけがわからずチンプンカンプンである。
とても疲れたのであった。

www.eji-ji.com