えじえじなるままに

旅行が趣味のアラフォーえじえじの日常

ママチャリでしまなみ海道一人縦断

2年前の10月、瀬戸内海のしまなみ海道をサイクリングしたくて一人行って来ました~。
広島から愛媛へ行くか、愛媛から広島へ行くか、日帰りで行くか2日かけて行くか…。色々調べた結果、私は広島から愛媛に向けて頑張って日帰りで行くことにしたのであります。

しまなみ海道へ

大阪在住の私は、新大阪を8:04に出る新幹線さくら547号に乗車。新幹線代7340円。福山に9:11到着する。そこからJR山陽本線に乗り換えて尾道まで行く。電車代410円。
尾道駅に到着したら、あらかじめネットで予約していた尾道観光協会しまなみ海道レンタサイクル事業本部まで歩いて行く。

           f:id:ejieji:20170819135913j:plain

写真は尾道駅方面から海側を見たところ。

平日にも関わらず、結構人がいた。外人さんもチラホラいる。ロンプラにも載っているのだろうか?
そこで手続きを済ませ、ママチャリを試乗して説明を聞き、レンタル代2000円お支払い。正直、ママチャリでしまなみ海道を渡れるのだろうか?という疑問があったのだが、レンタサイクルの方も何も言わなかったので、まあ大丈夫だろうと高を括っていた。
なぜ私がママチャリを選んだかというと、スポーツバイクに乗ったことがなかったからである。乗り慣れたママチャリの方が事故にも遭いにくいだろうし、ママチャリはカゴがあるから便利だしね。

ママチャリを無事にレンタルすると、教えてもらった渡し船乗り場まで移動。レンタサイクル事業所からはさほど距離はない。そこでしばらく船が来るのを待つ。船は12分間隔で運行。船が来たら自転車とともに乗船する。乗船時間わずか5分程度。乗船料はおっちゃんが回収に来るので、その時に渡す。大人一人100円+自転車代10円。安い。

いよいよサイクリング

渡し船で尾道から向島の富浜まで無事に渡り終えたら、いよいよ本格的にサイクリングである。外人さん達が先に下船したので、その後に下船した。

            f:id:ejieji:20170819140036j:plain
写真は下船してから船の方を撮ったところ。

それにしても日差しが強い。強過ぎる。日焼け止め塗って帽子とサングラスをしているが、腕の紫外線対策を忘れていた私。
途中でドラッグストアがあったので立ち寄り、作業用手袋を購入。
これでとりあえず手の甲は大丈夫だろう。
すっかり他の方々に遅れをとってしまった私。ママチャリでは到底追いつくことはできないが、せめて日が暮れる前に今治のホテルに到着したい。
よし行くぞー!

道迷う

しまなみ海道には、ブルーのラインが引いてあるため、しまなみ海道でのサイクリングが初めてという人にとっても分かりやすくなっている。そのため、そのブルーのラインに沿って進んで行けばよいのだが…。
なんと私、最初の向島で道を間違ってしまい、ルートから外れた岩子島へと渡ってしまったのであります。いやあ、ブルーのラインはまっすぐだったんですけどね、上を見たら橋があったんですよー。ひねくれた私は、「ラインが間違ってるんじゃないのお?」などとひねくれた方向に思考を走らせてしまいまして、間違った道を進んでしまったのであります。反省。

             f:id:ejieji:20170819140423j:plain

これが私を惑わせた赤い橋。
そしてしばらく岩子島をサイクリング。うすうす「道間違ってるんじゃ…」と思ってはいる私。しかし、道を尋ねたくても島民がおらず。
引き返そうかと思っていたら、第一村人発見!(所さんの笑ってこらえて風に)
その方から、ここは岩子島だと教えられた。おばちゃん、ありがとう!
ここから来た道をママチャリで戻り、正規のルートへ合流。約30分のロスである。
気を取り直してサイクリングする。
途中、私が一度は追い越したおばちゃん2人組に追いついた。そのおばちゃんから、「あら?私達より先に行ってなかった?」と言われたので、道を間違えたことを話す。その方々は、今日と明日の2日間で縦断するとのことだった。自転車のカゴの中には、途中で私も買おうか迷ったが買わなかったミカンが入っていた。うらやましい。

正規のルートでサイクリング再開

向島から次の因島へと移る。橋を渡る時の高低差が相当キツイ。下りは楽だが、上りがねー。本日中に今治まで行けるのか不安になる。
因島は村上水軍の本拠地だった島だったため、とても魅力的なところがたくさんあるが、今回はサイクリングが目的なのでスルー。また次回来よう。因島はアップダウンが激しかった。
3つ目の島、生口島と、4つ目の島の大三島、5つ目の島の伯方島はわりと走りやすいが、6つ目の島であり最後となる島、大島はアップダウンが激しくつらい。
来島海峡大橋は、約4kmもあり長かったー。
時間のなさや道に迷ったことなどに焦ってしまい、景色はあまり楽しめなかった。
そしてこの時、なんとなく体調悪いかも?と感じながらも、きっと疲れてるんだ、ぐらいにしか思っていなかった私。

しまなみ海道では、島6つを走り、橋6つ渡った。
しまなみ海道の途中には、サイクリング中の自転車と歩行者との事故が以前にあったことを知らせる看板のようなものがあった。事故には十分気を付けなければならない。

             f:id:ejieji:20170819140719j:plain

今治市内へ

最後の橋を渡って今治市内に行く道は、いつの間にかブルーのラインがなくなっていた。
そのため地図を確認しながら進む。日はもう暮れていた。
結局今治のホテルに到着したのは18:40だった。本日中に到着できて良かった。
何度途中のレンタサイクルターミナルでママチャリ返却してバスに乗り換えようと思ったか分からない。
ママチャリでの所要時間、約8.5時間(乗船時間込み)。頑張った!
レンタサイクルは、契約している今治市内のホテルに乗り捨ててO.Kだったので、フロントでそう伝えて自転車とお別れ。ママチャリちゃん、一緒に頑張ってくれてありがとう!

            f:id:ejieji:20170819140558j:plain
ホテルにチェックインしてベッドに直行。疲労困憊。食欲はないが、とりあえず少し休んでからご飯でも食べに行こうかと思い1時間ほど入眠。だが、起きてからもなんだか体調が悪い。脈を測ると頻脈である。平常時の倍である。
途中休み休みサイクリングし、水分もちょこちょこ摂っていたつもりだったのだが、
もしかして熱中症か!?
水分だけは摂らないといけないと思うが、身体が動かず買い物に行けない。
思い切ってフロントに電話してみる。

私「すみません、ポカリ買って来てもらえませんか?」
フロント「一人なので無理です。近くに自動販売機ありますので。」

当然といえば当然の答えなのであるが、体調が悪い時はメンタルも落ちている。泣きそうになる。こういう時に一人旅はつらい。しかし、まだ日本で良かった。
さらに休んでから思い切って外に出る。自販機まですぐ近くだったのだが、その距離は長く感じた。
ポカリを持てるだけ買い、ホテルへと戻る。ポカリがぶ飲みして就寝。
夜中起床。全て嘔吐。
ヤバイヤバイヤバイ。病院行った方がいいよね?水分摂れてないから点滴してもらわなきゃ。でも夜中だし、保険証持ってきてないよーっ!だいいち動けない。
とりあえず朝が来るまで待つ。寝る。

朝になったら少し良くなっていた。相変わらず何も食べれるような状態じゃなかったが、とりあえず体は動いた。
ホテルをチェックアウトしたら今治駅へ。予定を変更してそこからバスで福山駅へと向かう。バスで2500円。
本当は尾道へ行って観光したかったのだが、もうそれどころではない。
悔しいので福山駅では福山城だけ観光し、大阪への帰路へと着いたのであった。

               f:id:ejieji:20170819141800j:plain

その後
帰宅後、病院に行くか行かないか迷ったが結局行かず。しばらくご飯は食べれなかったが、数日したら治った。
皆さんも、無理な旅行プランと熱中症にはお気を付けください。