えじえじなるままに

旅行が趣味のアラフォーえじえじの日常

ジャカルタ・バリ島女一人旅③

※これは2014年2月の旅行記です。古くてすみません。

バリ島4日目

ジャカルタ・バリ島女一人旅②は↓

www.eji-ji.com

 

昨日は韓国人の男性にビーチへ誘われた後、「明日朝早いから~」「もう眠くて~」などと言い訳をし、「ごめんなさいね~」と言いながらなんとか撒いた。
でも、ばったり顔を合わせるのが恐くて、ホテルの部屋から一歩も出ず。
食べたい物とか買いたい物があったのになー。自業自得である。

さて、この日は予約していたラマツアーズのバリ島世界遺産ツアー(東部コース)$90に参加した。
ツアーに参加したのは、その方が効率良く回れそうだったからだ。ちょっとお高いけどね。
ツアーの添乗員さんがホテルまで迎えに来てくれるので、チェックアウトを済ませてからホテルのロビーで待つ。
8時15分頃にインドネシア人のガイドさんが迎えに来てくれた。さっそく車に乗り込むが、他の観光客の姿がない。
聞くと、客は私一人らしい。寂しさと申し訳なさとでいっぱいになる。

バリ島ツアーに参加

ロウケツ染め
まずはバティックという、ロウケツ染めの工房見学と体験をする。
ロウケツ染めとは、布の染めたい部分以外のところに蝋を塗り、染めていく技法のことで、今回はツアー内容にこれが含まれていたのだ。
が、一人でやっても楽しくない。うまくできなし。
適当にやって終了。できた物はツアーの最後にもらえた。あまりの出来のひどさに、すぐに捨てた覚えがある。

バリの民家
次にバリの民家へ。このお宅、ちょっと裕福なお宅のようで、周りの他のお宅とは外観から違っていた。広くて綺麗。
敷地内にお墓があるのにはびっくりした。バリにもご先祖様を大切にする文化があるのだろう。

ガジュマルの木
ガジュマルには神が宿ると言われているらしい。
ガジュマルはバリ島以外にもあるが、立派な木だ。

             f:id:ejieji:20170814150806j:plain

金銀細工
次に金銀細工の店へ。残念ながら記憶にない。

ライステラス

     f:id:ejieji:20170814150848j:plain   f:id:ejieji:20170814150911j:plain

テガラランのライステラス(棚田)でお食事。こちらは世界遺産である。
ライステラスは、棚田を見慣れている我々日本人にとっては決して珍しいものではない。しかし、ところどころに見えるヤシの木(?)が、日本の棚田とは違うことを物語っていて面白い。
こちらにはカフェやレストランがあるので、飲み食いしながらまったりと時間を過ごすことができる。

ウルン・ダヌ・バトゥール寺院、キンタマーニ高原
腰巻きを借りて巻いてからでないと入れない寺院。入場料もレンタル料もツアー代金に含まれてた。

              f:id:ejieji:20170814151038j:plain

こちらは高地にあるため、クタ地区とは違って寒い。レタス(?)なんかの野菜もこの辺りだと収穫できるらしい。

バリクサンのコーヒープランテーション
色々試飲できたが、この頃の私はコーヒーやお茶が嫌いだったので、ほとんど何も飲まなかったし買わなかった。
ちょっと勿体なかったかも。

             f:id:ejieji:20170814151143j:plain

お土産屋
時間があったので、「良かったら行きますか?」というようなことを言われ、寄ってもらった。特別な配慮をありがとう。
ここでようやく他の日本人観光客に一人遭遇した。
彼女も一人旅で、彼女が参加したツアーも彼女一人だけの参加だったらしい。
仲間意識が芽生えたしもう少し話したかったが、これっきりで別れた。
もう二度と会うことはないだろう。

DFS
ツアーといったらほぼ絶対といっていいほど連れて行かれるところ。何も買うつもりはないが、ここで何とか時間を潰すしかない。

帰国まで

ツアー終了後、クタ地区に戻るか空港に行くか選べたので、空港に行ってもらうことにした。
が、一人でのツアー参加だったし特にトラブルもなかったので、予定よりかなーり早くツアーが終わってしまったため、早く着き過ぎた。フライトまではなんと、14時間もあった。
やっぱりクタ地区にしてもらえば良かったかな~、でも会いたくない人に会うと気まずいしな~と思いつつ、空港で時間を潰すことに。
人気のない場所を陣取り、床に寝転がる。空港と言っても造りは雑。というか南国らしく開放的である。蚊がいた。
初日の蚊に怯えた夜が思い出された。それでもなんとか休んでいると、何やら腕に当たった感触が…。目を開くとそこにはネズミがっ。
 「ぎゃーーーっ」
びっくりして飛び起きる。近くで見てたお兄さんに笑われた(苦笑)
なんとか14時間、この空港で時間を潰した私。アホだ。

2時間くらい前にカウンターへ行くと、そこにはすでに長蛇の列が。ここでは30分以上並んだ。こんなことならもっと早くに来て並んでいれば良かったと後悔。

出国審査では、カウンターで空港使用税Rp150000をお支払い。高いな~。
そしてエアアジアで一旦マレーシアのクアラルンプールへ。
行きと同じく乗り換えのためカウンターで手続きするが、帰りは「東京?」と聞かれただけで何も聞かれなかった。
この後セキュリティーチェックなのであるが、行きはお水持ち込めたのに、この時は持ち込めず。その時の運次第なのか?
そして乗り換えまでの約5時間、乗り継ぎホールでただただボーっと時間を潰す。長過ぎっ!
バリ島から羽田までは、食事代込で¥17795。帰りの機内食は何を選択したか忘れてしまったが、まあまあだったと思う。

インドネシアの感想

とにかく皆親切でフレンドリー。良い人いっぱい。たまたま私が危険な目に遭わなかっただけかもしれないが。
とても楽しかったし、食べ物も美味しかった。雑貨も安くて可愛かった。
あと、外国人はオーストラリア人が多かった。インドネシアとオーストラリアが近いかららしい。
いつかボロブドゥールとプランバナンをリベンジしに行きたいと思う。