えじえじなるままに

旅行が趣味のアラフォーえじえじの日常

ジャカルタ・バリ島女一人旅②

※これは2014年2月の旅行記です。すみません。

 ジャカルタ~バリ島へ

ジャカルタ・バリ島女一人旅①はこちら↓

www.eji-ji.com

ジャカルタの宿で蚊と格闘し、ほぼ眠れていない私。追い打ちをかけるように天気は雨。雨の中ガンビル駅へと向かう。
安宿街から駅までは徒歩20分だった。昨日は1時間もかかったのにぃ!
ガンビル駅では西側にバスのチケット売り場があり、横にいたおばちゃんがチケットを売っていた。
正面にもチケット売り場があったが、違う方面へのバスチケット売り場だったようだ。
空港まではダムリ社のエアポートバスで約1時間(Rp30000)。
空港に着くと、1階にチェックインカウンターがある。入る時にセキュリティーチェックがあった。
私はウェブチェックインを済ませていたため、カウンターでの手続きは不要。一応聞いてみたが、ゲートを教えてくれただけで他には何もなかった。
ゲートに入るところで空港使用税(Rp40000)お支払い。その際に、ゲート番号を記載してくれた。
が、しかーしっ!書かれた番号は「⑤」。だが⑤番ゲートなんてないっ。ゲートは全てアルファベットで記載してある。
不安になりながらフロアで待機する私。
結局ゲートは「C」だった。あの⑤は一体なんだったんだ?
バリまではまたまたエアアジア利用。¥5391。そして案の定遅れる。

バリ島1日目

バリ島のグラ・ライ国際空港に夕方到着。空港にはタクシーチケットカウンターがあり、そこからおっちゃんにタクシーまで連れて行かれた。わざわざ窓口で言う必要はあったのだろうか?
タクシーでクタ地区まで乗せてってもらう。お支払いは下車時で、Rp70000支払った。
ぼられてはいないようである。
着いたら早速宿探し。昨日の二の舞にはなりたくなかったので、本日はしっかりとチェックする。
2件か3件ほど宿チェックさせてもらって今夜のお宿は決定。ここに2泊することにする。

 f:id:ejieji:20170814150144j:plain f:id:ejieji:20170814150226j:plain f:id:ejieji:20170814150257j:plain

昨日の宿が最悪だったこともあり、この宿マジ最高!快適!

夕方になると日本語を話すおっちゃんが受付にいたので、話し相手になってもらう。

宿情報
宿の名前:BERLIAN INN
予約方法:飛び込み
料金  :ツイン一泊Rp120000。2人で使えば一部屋Rp150000。
感想等 :エアコンなし、ファン付き、トイレットペーパー付き、洗面所付き、水シャワー、庭とテーブルや椅子まである。清潔感あり。ちょっと奥まった所にあるが、静かで快適。

バリ島2日目

ご飯食べて本読んで寝て本読んでご飯食べる。
ハイ。ダメ人間誕生~(笑)
夕食を食べに外出するが、そこで日本語が話せるお兄さんに話し掛けられた。
さすが日本人も多く訪れるだけある。日本語が話せる人が多いなー。
そのお兄ちゃんの紹介で、日本語を勉強したいという青年を紹介された。が、その青年はまだ日本語が話せない。私は英語が話せない。会話が続かない。
連絡先交換するだけ交換して、さっさと別れる。こういうのは疲れる。

     f:id:ejieji:20170815115623j:plain   f:id:ejieji:20170815115642j:plain

 

バリ島3日目

この日はあらかじめ予約していたホテルに移るため、チェックアウトした後、安くマッサージを受けたかったので、マッサージへ。
適当に入ったマッサージ屋。オイルは使わないで欲しかったのでそう言ったら、タイ古式マッサージになった。それなのに、なぜだか服を脱がされた。なぜなのか、いまだに謎である。

         f:id:ejieji:20170814150550j:plain

ホテルはさすがに安宿と違って綺麗。だけど面白みはない。
ホテルにチェックインして土産物屋で買い物したりした後、ホテルに戻ったエレベーターでの出来事。
「日本人ですか?」と話し掛けられた。
「日本人です。日本人ですか?」と聞き返すと、彼は戸惑った様子だった。
よくよく聞くと、彼は35歳の韓国人。日本が好きらしく、先日も日本に行ってきたばかり。そのため少しくらいなら日本語が話せるのだそう。
お茶しに行こうという話しになり、一旦別れて夕方に待ち合わせる約束をした。
そう、この時は軽~い気持ちでお茶するつもりだった。私は…。
夕方彼と再会すると、彼、着替えている。シャワーも済ませた様子。
ん?気合いが入ってる。ちょっと嫌な予感…。
とりあえずちょっとお洒落なお店でお茶をする。
料金は割り勘。
その時すでに帰りたかったが、彼が「海を見よう」と言うので、まあ少しぐらいならいいか、とビーチへ。
ゴミ袋を敷いて座り、ビーチを眺めながら話しをする。
少しづつではあるが、彼の距離が縮まってくる。これはマズい。あえて距離をあける私。また彼の距離が縮まる。だんだん不機嫌になる私。そして口数も減る。笑顔も減る。
彼が言った。日本語で。
「アナタハイマ、ナニヲカンガエテイマスカ?」

  帰りたい。

 

ホテル情報
ホテル名:Tune Hotels
予約方法:エクスペディア
料金  :¥1543。キーデポジットRp15000必要。
感想等 :普通のビジネスホテル。エレベーター有。タオル、ドライヤー、エアコン、ファン、金庫、トイレットペーパー付き。ホットシャワー。湿気すごい。鍵はカードキー。wifi有料。