えじえじなるままに

旅行が趣味のアラフォーえじえじの日常

大鳥大社で茅の輪くぐり

大鳥大社へ行くことになったのですが、まずはその経緯からご説明いたしまする。

 友ヶ島へレッツゴー

先月、友達と一緒に和歌山にある友ヶ島へ行こうということになり、生憎の雨だったけど早起きして電車でえっちらおっちら和歌山方面へ向かって行ったら友達からLINEが…。

『えじえじ~。なんと、本日の友ヶ島汽船は雨天のため欠航です!』
なんですとぉぉぉ!!思わず電車の中で悲鳴を上げてしまった。
ショックから立ち直れぬまま友達と合流。せっかくだからと友達が車を出してくれてドライブがてら大阪府堺市内を観光することに。

堺市内観光

堺市内では堺市博物館や堺伝統産業会館なんかを観光。
堺市博物館を見学していて思ったのですが、堺市って本っ当に古墳が多いっ!
というか、関西圏って全国的に特に古墳が残ってる気がする。それだけ権力者が関西に集中してたってことなのかな?
古墳と言えば前方後円墳のイメージしかなかったけど、円墳やら方墳やら、色んな種類があるんですね~。
ところで、博物館でスマホ使って写真撮ってる方へ。
音がうるさいから撮るんだったらカメラで撮れーーーっ!
本当に迷惑。気が散って説明文が頭に入らない。少しは周りに気遣ってください。お願いします。

堺伝統産業会館では、実は日本刀が展示してないかな~?と期待して行ったのですが、残念ながら日本刀は展示してなかった。
商人の町らしく、色んな種類の包丁がたくさん展示してある。こんなにたくさん種類があるのか~と感激。奥深い日本の刃物。

道中では、ヤマモモが豊作だったので、それを拾い集めたりしながらあっという間に時間が来ました。(結局食べなかったけど)
もう少しだけ時間があったので、もう一カ所どこか行こうということになり、たまたまパンフレットを見ていて目に入った大鳥大社へ行くことに。
ちなみにこの時点で天気は嘘のように晴れておりました。

大鳥大社にて

          f:id:ejieji:20170905133303j:plain

大鳥大社とは、神話に出てくる日本武尊(他に大鳥連祖神がご祭神)を祭った神社です。
大鳥大社へ着くが、駐車場が分からない。グルグル回ったけれど結局分からなくて路駐したが、ここの神社は珍しく鳥居をくぐった中に駐車場がありましたー。
ホームページに書いておいて欲しかった。
んで、大鳥大社にお参りしたらなんとっ!半年に1度の祓いの神事中でした。
一見どこかの会社がお祓いやってもらってるのかと思ったけど、どうやら地元の方々や信者の方々だったようだ。
平日だったのに、しかも17時近かったのに珍しい。私の中の勝手なイメージでは、ご神事って午前中にするものだとばかり思っていたのでちょっとびっくり。
宮司さんらしき方に、「よかったら参加してください」と言われたので、運良く途中参加させて頂けた。
祓い所にて何十人と集まる中、私達も隅っこのほうで蚊と戦いながら頭を垂れる。
そしてそのまま宮司さんを先頭に、ゾロゾロと一列になって、
 「水無月の夏越しの祓えする人は千歳の命延ぶというなり」
と皆で唱えながら∞の字に3回輪をくぐった。
そしてご神事終了。

茅の輪くぐりって初めての体験だったけど、こんなに貴重な体験をさせて頂けるだなんて、これはきっと神様のお導きだ~って感激した☆
本日友ヶ島へは行けなかったけど、今回はこのご神事に参加させて頂くために導かれたのだと思った。
友ヶ島はまた今後リベンジしまーす!